ゴルフ情報

ゴルフ初心者 100切り ミスの下地然々多種多様なことが見えて来ます

投稿日:

みなさんはゴルフのラウンド実行する際に、何かレコードを残していますか? スコアは勿論として、各ホールのパター数をレコードしている方は極大な数のと思いが胸に去来します。この度はその結果踏み込んで、それ自身のラウンドをデータ化し、今おっしゃった点を基にしてラウンドのワナをたててスコアアップ実行する為すすべをご引き合わせします。

ショット毎の結果としてをあっさりとレコードしていく
一番に下見として、スコアカードを2枚下拵えしましょう。片方のスコアカードはいつもどおり同伴プレーヤーのスコアを取っておくようにし、もう一役のスコアカードは、俺様専用のスコアカードとします(以下『レコードカード』と呼びます)。

通常だと、こちとらを含めて同伴プレーヤー4盾のスコアを取っておく枠がございますが、この箇所を第一突眼差し用、第二突眼差し用…と呼ばれる健康状態に置いといて、成る丈8~10突眼差し釈くらいがレコードすることができる恰もします。

それに、各ショットがけじめがつくたびに、レコードカードに、使用したクラブの類いと、どんな結果としてだったのかをあっさりとレコードしていきます。

例を挙げれば第一突眼差しのティーショットで、ドライバーを活用しフェアウエイキープができたのであれば『1W ↑◎』、逆向きにミスショットで右に屈曲させてしまった際は『1W 右OB』『1W 右森』『1W 右ラフ』みたいな記事でいいだろう。ところで、文字だと実現やれませんが、矢印の向き&矢印の曲がり健康状態で球筋を的確に表すと大変あっさりとフォームます。

2突眼差し先もありきたりな、活用クラブとどんな結果としてだったのかをレコードしていきます。ダフリやチョロ、トップやテンプラ然々も優先順位の高いデータだ。しつつも、あまり詳らかにレコードしすぎると、遅れて読みにくくなるほか、スロープレイのモメントにもフォームますので、矢印+一本コメントコメントくらいの表記がちょうといいでしょうか。

残したレコードから見えてくる得意でない局面やクラブの類い
ラウンドを終えて、レコードカードを考量てみると、それ自身の自信がある有様、不得手なクラブ、ミスの下地然々多種多様なことが見えて来ます。

最も視野の狭いものとしては「ドライバーのティーショットは昼夜問わず右にミスしている」、「7番アイアンますますのも上のロングアイアンが苦手意識」、「湖超越してや山間の地超越しての際に大多数ミスしている」然々と呼ばれる下地がハッキリと一脈通じるだろう。

それに「ラフに打ち込んだ後にダフリのミスを何べんもてる」、「左にミスショットした後はつま先下がりからのショットが膨らむので、シャンクやスライスが膨らむ」というような、ミスショットのお次は控えの選手ているショットのミスまでが合うこともございます。

その結果識者的な捉え方としては、ミドルホールの3突眼差しやロングホールの4突眼差しにウエッジを多用している際、アイアンやUTでのパーオン率が低い=ショットの精度に事案あって、なんてことも見えてきます。

案の定、ラウンドでのそれ自身の下地を差別し分析調査することで、これから後ラウンドでのコースマネージメントやスイングのアシスト然々に活用できるはずだ。

苦手意識を艱難をものともしない稽古を稽古シチュエイションやショートコースで
それ自身の得意でない部分が分かったら、今おっしゃった点を艱難をものともしない稽古や仕度を痛感するといいだろう。

例を挙げれば、ドライバーのスライスであれば、運任せでゴルフレッスンに運行するのも方法だ。得意でないクラブが居る際なら、稽古していい気になると呼ばれる為すすべのほか、運任せで買い換えてみると呼ばれる使用可能のものも居るだろう。さらには、つま先下がりや地形的なプレッシャーにか弱い際なら、比較的リーズナブルにプレイすることができるショートホールで場数を踏む然々、スキルアップへの手間がかからない方法といえます。

いかがでしたか? 通常のスコアを借金やるのと同時に、その結果レコードカードに結果としてをしっかりと記憶するのでこんだけ手間そうしたらございますが、それ自身の手薄なところを視野の中に入れるのには資格を備えている為すすべといえます。次回のラウンドから、ぜひ試してみてはいかがでしたか?

副業情報関連記事

-ゴルフ情報

Copyright© ライザップゴルフでスコアアップ!ゴルフ初心者におすすめしたい理由公開! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.